南砺里山倶楽部

  • 世界遺産
  • 食
  • 山宿
  • 手仕事
  • 交流

松井機業場

幸せを織りなす、奇跡のシルク。
越中の京都とも称される城端町は、
最盛期にはいたるところで機の音が聞こえたという絹の里。
かつて城端で作られた絹は「加賀絹」として、京都や江戸に運ばれて隆盛を誇った。
この町に根ざし、絹織物を作り続ける松井機業場では、希少な「しけ絹」をつくっている。
通常は一頭の蚕が一つの繭をつくるが、稀に二頭の蚕が力を合わせて一つの繭(玉繭)をつくることがある。
その希少な玉繭を使い、太さが不均一な玉糸で織り上げられたしけ絹は奇跡の織物だ。
現在、松井機業場では、家業を継ぐ若い織姫が、日夜、絹の可能性を探って商品開発を進めている。
伝統と革新が融合し、幸せな暮らしを織りなす、
新しいライフスタイルが、ここから生み出されている。

レインボーカラーの美しいしけ絹のタペストリー。

しけ絹の風情を生かした、様々な絹製品も作っている。

機織りの音が、工場内に響き渡る。

伝統的な風格漂う工場。
information
名称 松井機業場
所在地
TEL 0763-62-1230
駐車場 有り
URL http://www.shikesilk.com
南砺里山倶楽部

Copyright (C) Nanto SATOYAMA Club, All Rights Reserved.